布ナプキンの最大のメリットは不快症状の軽減

婦人

自浄効果の重要性

女性

おりものの臭いの原因には、性病や、膣内環境のトラブルが考えられます。臭いを発生させる菌などによる性病の恐れがある場合には、女性器専門のクリニックや婦人科クリニックで相談してみた方が良いでしょう。おりものの状態などから、その症状を起こす菌を殺菌する薬などが処方されます。しかし、そうした性病以外にも、おりものの臭いは起きることがあります。膣内の自浄効果に何らかの問題が発生しているときです。膣内は常に粘膜の分泌液で酸性に保たれています。そのため、大体の雑菌などは自分で洗浄が可能です。その際におりものとして外に排出されることもあります。この自浄効果が食生活や睡眠環境などで低下したり、膣内の水洗浄や石鹸で洗うなどの誤ったケアで中のバランスを取る細菌を激減させてしまったりすると、十分な効果が発揮できずに雑菌の侵入や繁殖を許してしまいます。そうなると、雑菌による酸化などが起きておりものの臭いがきつくなります。また、膣内に経血などが生理後も溜まっていたりすることで酸化が起こることもあります。膣内の汚れを洗い流す場合は、お湯や水、石鹸で洗うのではなく、専用の洗浄ジェルを利用するようにしましょう。洗浄ジェルは、膣内の汚れを外に出してくれるだけでなく、乳酸菌などで中の自浄効果を調整することができます。寝る前などに利用すると効果的に、膣内の細菌調整と汚れを出すことができるでしょう。デリケートゾーンや膣内の臭いのケアには、適切なケアを行ないましょう。